婚約指輪の用意時期

婚約指輪の用意時期について説明しています

婚約指輪の選び方

婚約指輪というのは、婚約をしたという証に送るものです。結婚と違い、婚約というのは特別に書類を提出したり苗字が変わったりという周囲に婚約をしたという事実を伝える術がありません。そこで、指輪を贈ることで誓いの印にして周囲に婚約をしたことを伝える役割もあります。

 

婚約指輪というのは、結婚指輪と違って女性のみが身につけるものであり、結婚後は日常的に身につけるものではありません。そこで、石のついたものを購入するのが一般的です。婚約指輪につける石はオリジナリティを出して誕生石や記念月にする人もいますが、一般的にはダイヤモンドがはめられます。これは、ダイヤモンドという意思が他の宝石よりも美しい輝きを放つこと、固いこと、石言葉が永遠の絆や純潔を意味することがあります。ダイヤモンドがあしらわれた指輪であれば、特に他の決まりはないですが、石のカットの方法や乗せ方にも幾つかデザインがあるために彼女の好みを聞いておくことが望ましいです。

 

参照サイト|婚約指輪(エンゲージリング)フェア情報|ガラ おかちまち 御徒町・銀座・新宿・横浜元町のダイヤ・ルース・ジュエリー

 

また、婚約指輪というときになるのがその価格です。一昔前までは給料3か月分と言われていましたが、今はそのようなことは言われなくなりました。相場として10万円から20万円とされています。中には必要ないという人もいますが、そのような時には相場より少しリーズナブルなものでも良いので婚約の証として残しておくと思い出になるので喜ばれます。ただし、これは相手によるので、彼女の性格をよく考えた上で選ぶことが重要です。

婚約指輪の購入時期

テレビドラマや映画で婚約指輪を男性が購入しに行くシーンを見かけます。その際、見つけてすぐに購入して渡しに行くような演出が行われることが多いです。しかし、このようなことが現実的に行うことができるかというと、そうではないので注意が必要です。

 

まず、婚約指輪というのは既製品かオーダーかという違いがあります。オーダーであればもちろんオーダーしてから作られるために届くまで時間がかかるものです。既製品であっても、刻印をすればその日には持ち帰れないですし、それだけでなくサイズがないこともあります。また、サイズ調整が必要なこともあります。また、人気なブランドのものであれば、手元に届くまで待たなければならないこともあります。そのため、購入をして手元に届くまでに2週間から1か月近くかかることもあるのです。

 

そのため、一般的に渡す1か月前には指輪をオーダーしておくことが望ましいです。そうすると、指輪を探し始めるにはさらに1か月前くらいには準備を始めることが必要だと考えておく方が望ましいです。ただし、これは指輪を一人で探して購入するのか、はたまた彼女にあらかじめ欲しいものがあってそれを購入すれば良いのかによっても異なりますから事前に彼女の意向を聞いておくことも重要です。

婚約指輪の意味

バブルの頃には派手婚ブームで婚約指輪も高価で派手なものを用意することがステイタスの一つであると考えられていました。しかし、バブルが崩壊した後に地味婚ブームが始まり、結婚にお金をかけないという人が増えました。結婚式や婚約指輪にかけるお金を少しでも減らして、その分を新生活準備のために使ったりマイホームの購入費用に充てようと考える人が多くいました。それが、2010年代の前後から少しずつまた流れが変わってきています。

 

最近は古くから行なわれているイベントや行事を大切にする風潮が目立ってきています。その流れの一つとして、結婚式をきちんと行うだけでなく、婚約指輪を渡したり結納をしたりという正式な段階を踏もうと考える人が増えています。しかし、婚約指輪を渡す意味や、選び方、渡す際にはどのくらいの価格のものを用意すれば良いのかといったことはきちんと理解できていない人も多いものです。一生に一度のことだからこそ、きちんと正しい方法で渡したいですし、相手にも喜んでもらいたいものです。渡す時には、映画のような高級レストランで渡すのか、はたまた花束やケーキの中に指輪を隠して渡すのか、といったサプライズを考えるのか、はたまた自然な流れで渡すのか、といったことも考える必要がありますから、準備としてすべきことはいろいろとあります。そこで、ここでは婚約指輪にどのような意味があるのか、そして渡すためにはどのくらいの時期から渡す準備を始めれば良いのかということについて紹介をしていきます。