婚約指輪というのは、婚約をしたという証に送るものです。結婚と違い、婚約というのは特別に書類を提出したり苗字が変わったりという周囲に婚約をしたという事実を伝える術がありません。そこで、指輪を贈ることで誓いの印にして周囲に婚約をしたことを伝える役割もあります。

 

婚約指輪というのは、結婚指輪と違って女性のみが身につけるものであり、結婚後は日常的に身につけるものではありません。そこで、石のついたものを購入するのが一般的です。婚約指輪につける石はオリジナリティを出して誕生石や記念月にする人もいますが、一般的にはダイヤモンドがはめられます。これは、ダイヤモンドという意思が他の宝石よりも美しい輝きを放つこと、固いこと、石言葉が永遠の絆や純潔を意味することがあります。ダイヤモンドがあしらわれた指輪であれば、特に他の決まりはないですが、石のカットの方法や乗せ方にも幾つかデザインがあるために彼女の好みを聞いておくことが望ましいです。

 

参照サイト|婚約指輪(エンゲージリング)フェア情報|ガラ おかちまち 御徒町・銀座・新宿・横浜元町のダイヤ・ルース・ジュエリー

 

また、婚約指輪というときになるのがその価格です。一昔前までは給料3か月分と言われていましたが、今はそのようなことは言われなくなりました。相場として10万円から20万円とされています。中には必要ないという人もいますが、そのような時には相場より少しリーズナブルなものでも良いので婚約の証として残しておくと思い出になるので喜ばれます。ただし、これは相手によるので、彼女の性格をよく考えた上で選ぶことが重要です。